免許証だけでお金が借りれる TOP > 運転免許証だけで借りれるカードローン > 運転免許証以外に書類が必要になるケース

運転免許証以外に書類が必要になるケース

書類を持つ男性
銀行や消費者金融、信販会社などが提供しているカードローンを利用するためには、申し込み審査を受けなければなりません。
 
最近では、インターネットだけで申し込みすることができるところが多いので、忙しい人でも先にスマホやパソコンを使って申し込みだけを完了させておいて、後から手続きを進めていくこともできます。
 
カードローンは他のローンと違って、即日での利用を望んでいる人も多いことからスピード融資に力を入れているのが特徴です。
 
そのためにもできるだけ審査は簡略化させる必要があるため、提出させる書類については極力少なくしており運転免許証だけで借りれるカードローンもあります。
 
要は身分証明できるものを提出することで審査を受けることができるというものですが、運転免許証だけで借りれるとは限らない時もあり、場合によっては収入証明書を提出する必要があります。
 
収入証明書というのは収入を証明することができる書類のことで給与明細書源泉徴収票なども収入証明として提出することができます。
 
消費者金融については、50万円を超える借り入れについては提出が義務付けられているので、必ず提出しなければなりません。
 
一方で銀行は収入証明の義務はありませんが、ほとんどの銀行で独自に基準を決めています。
 
数百万円を超える借り入れになる場合は、収入証明を提出するようにしているところが多くなっているので、事前に申し込み条件を把握しておく必要があります。


免許証だけでお金が借りれるおすすめのカードローンはこちら!

このページの先頭へ