免許証だけでお金が借りれる TOP > 運転免許証だけで借りれるカードローン > 運転免許証で借りれるカードローンの注意点

運転免許証で借りれるカードローンの注意点

青空
運転免許証で借りれるカードローンを利用する際に注意したいのが、利便性にハマらないようにするという点です。
 
上限金利が引き下げられるようになったのも、総量規制が適用されるようになったのも、すべては借りた側が返すことができなくなったという背景があります。
 
昔は金融機関に足を運んで窓口で申し込みをしてお金を借りていたものですが、最近はインターネットだけで申し込みをすることができるようになっているので利便性が向上しています。
 
利用者にとってはメリットがあるものの、借金をするという意識があまりない人が増えている現状になっています。
 
運転免許証だけで借りれるカードローンを提供している金融機関は、主に銀行法が適用されている銀行と、賃金業法が適用されている消費者金融や信販会社などになります。
 
これらの金融機関はそれぞれで特色があるので、比較して最終的には選んでいくようにしましょう。
 
借りたお金に対しては一定の金利がプラスされるようになっていますが、長期返済になる場合は金利の負担が増大することになるので、金利はできるだけ低い金融機関を中心に探して借りるようにしましょう。
 
また、返すことができなくなった場合は、そのままにするのではなく対応を考える必要性が出てきます。
 
複数の金融機関から借りている場合は、借金をまとめるおまとめローンを利用しましょう。
 
どうにも対処ができない状態になってしまった場合は、弁護士や司法書士に依頼して債務整理をするという選択肢になります。


免許証だけでお金が借りれるおすすめのカードローンはこちら!

このページの先頭へ